2022年11月20日

未怪談 66 見えない何か

世の中いろんな人がいます。

空に向かって怒鳴っている人や

商店街などに置いてある看板などを蹴散らしている人、

歩いていると突然思想などを叫び出す人、

赤ん坊のように人形を抱いて歩いている人、

あげるときりがありませんが、

Aさんもそういう人に遭遇したそうですが、

怖くて不思議なことが起きたそうです。

友人と買い物をしていたAさんは休憩したくて某コーヒーショップに入ったそうです。

Aさんは友人と座って談笑していると、

突然、ニヤニヤし出した友人が「あっちを見て」と小声で言ってきたそうです。

そこには、若い女の人が座っていました。

『アレ?』とAさんは思ったそうです。

女の人は「うん、うん。わかるよ」と頷いていましたが、

女の人が座っている席には女の人以外誰も座っていませんでした。

1人でしゃべっているようでした。

もちろん、イヤホンでしゃべっているのかと思い女の人の耳を見ましたが、

イヤホンはなかったそうです。

Aさんは「そういう人もいるから、そっとしよう」と友人に言い談笑し始めたそうです。

しばらく友人と話していたのですが、女の人も気になっていたので耳を傾けてみると、

「この間〇〇に行ったよ」と女の人の声が。

『〇〇はご飯おいしいよね』と

誰かの声がAさんの頭の中に聞こえてきたというより入ってきたそうです。

Aさんが「えっ!」と驚き女の人を見ると同時に友人も驚いた様子で同じように女の人の方を。

その後、友人がパニック気味に「聞こえた?」と聞いてきたのでAさんが頷いていると、

また同じように女の人と誰かの声が聞こえてきました。

怖くなったAさんたちはその場を去ったそうです。

あとで友人とそのことで話すと、

頭の中に直接声が聞こえてくるということは一緒だったのですが、

その声がAさんは女性のように聞こえていたそうですが、

友人は男性というよりオネエのような声が聞こえていたそうです。

Aさんたちに聞こえた声とは一体何だったのでしょうか・・・


bob1022 at 08:00│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ギャラリー