2022年11月12日

未怪談 63 参加したのは本物の○○?

イベント企画会社で働いているAさんの話です。

Aさんの会社は商店街の活性化のためにハロウィンの催し物をすることになったそうです。

催し物といっても地域の子供たちを集め、

仮装させて商店街を歩いて周る(スタンプラリーのようなもの)というものでした。

当日、Aさんはその日入り口で子供たちの受付を担当していたそうです。

というのも、迷子や連れ去りなどの防犯の為もありましたが、

商店街の出口で子供たちに配る記念品の数を知るためでもありました。

Aさんが次々と子供たちの受付をしている最中、

少し気になる子を見つけました。

というのも、この子だけはっきりと何の仮装をしているのかわからなかったからです。

他の子供たちは、仮装というよりコスプレをしている子が多く、

定番の魔女、ドラキュラ、ケモノ耳をつけている子などや

最近流行ったアニメなど、はっきりと何の仮装(コスプレ)をしているかわかるのですが、

この子は顔や体を真っ白く塗っている?ようで、

ところどころ赤いシミがあるビリビリ?というよりボロボロに破れている服を着ているだけでした。

その時は、Aさんは『ゾンビ?それとも呪〇のと〇お君の仮装かな?子供にしては渋いなぁ』と

思ったそうです。

催し物が終わり、商店街の出口で参加した子供たちに記念品配っていると、

記念品が一つだけ余ってしまったそうです。

『迷子になったのでは!』と、Aさんたちは慌てて探しましたが見つからなかったそうです。

受付時に住所と名前を書いてもらっていたので、

その住所に商店街の責任者とAさんの会社の責任者二人が尋ねることになりました。

しばらくして、二人が帰ってくるや険しい顔で、

「空き家だった。隣の家に行って聞いてみると、
 
 その子(受付に書いてあった名前)が去年事故にあって

 〇くなってからすぐに引っ越したそうだ」とのこと。

イタズラかもしれないとのことで、その日は引き揚げたそうです。

Aさんが見たあの子かはわかりませんが、

参加したのは本当の幽霊だったのでしょうか・・・


bob1022 at 14:24│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ギャラリー