2022年10月15日

未怪談 55 玄関の前で佇む者

1人暮らしをしていたAさんの話です。

その時、Aさんは仕事を辞めたばかりで働く気になれずコンビニに買物をしに出掛ける以外は、

一日中家で引き篭もって過ごしていたそうです。

ある日の深夜、小腹がすいたAさんはコンビニに買物しに出掛けました。

コンビニから帰る途中、Aさんが住んでいるマンションの通り道にある家の前の玄関に

男が立っていたそうです。

男は黒色のスーツを着ており左右にゆらゆらと揺れていたそうです。

『酔っ払いかな?』と思ったAさんはその男を横目に帰ったそうです。

次の日の深夜、Aさんはコンビニから帰ってきた時でした。

Aさんはエレベーターから自分の階に降りた時、ふと自分の部屋の方を見たそうです。

そして、『えっ!』と絶句したそうです。

自分の玄関の前に、あの男が左右にゆらゆらと揺れながら佇んでいました。

怖くなったAさんはマンションのエントランスに降り友達に連絡したそうです。

友達から「警察に連絡しろ」と言われ、Aさんはすぐに警察に連絡しました。

すぐに二人の警察官が来てくれたそうで、警察官たちと一緒に部屋に向かったそうです。

ですが、あの男は消えていたそうです。

その後、警察官たちがマンション内を巡回したそうですが、

あの男の姿はなかったそうです。

あの男は一体何だったのでしょうか・・・



bob1022 at 18:00│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ギャラリー