Aさんが夏休みに展望台に行った時の話です。

『わが故郷の風景』みたいな絵を描く夏休みの宿題が出たそうです。

何を描いたらいいのかわからなかったAさんは、

「高い所に行けばアイディアが出るだろう」と思い、

友達数人と地元の展望台に行ったそうです。

展望台に着き各々描き始めました。

テキトーに展望台からの景色を描いた
Aさんは他の友達より早く終わり退屈していたそうです。

友達の一人が双眼鏡を持ってきており、

その双眼鏡を借りて展望台から遠くにある街の方を見ていました。

街の方では大きなマンションが建設されていたそうです。

多くの作業員がせっせと言い方が悪いですが、アリのように作業していました。

多くの作業員が働いている中、離れた場所にポツンと男が何もせずに突っ立っていました。

その時、「あれ?」と何となく違和感を感じたそうです。

男はヘルメットをかぶり、眼鏡をかけ、作業着を着ていました。

そして、笑顔でした。

Aさんは一見何もおかしなところはないと思っていたそうですが、

すぐにその違和感に気がつきました。

男はこっちを見ていたのです。

そして、Aさんと目が合っていたのです。

びっくりしたAさんは双眼鏡を下ろし、肉眼でそのマンションを見ました。

もちろん、遠くにあるので、この距離では男の姿なんて見えませんし、

あっちからも見えるはずがないのです。

もう一度、双眼鏡で男がいた場所を見ましたが姿がありませんでした。

たまたま、その時に作業員の方が笑顔で展望台の方を見ていたのかもしれません。

そうじゃなければ、あの男は一体何者だったのでしょうか・・・